商品紹介/素麺・冷麦

  〜 小豆島手延素麺「島の絹」 〜

小豆島に手延素麺の製法が伝わったのは、
約四百年前の事とされています。
以来、気候風土が麺造りに大変適している事もあり、
小豆島では素麺の製造が栄え、三輪・播州と並んで
全国の三大産地とされています。
島の絹本舗では、小豆島でも一流の職人をかかえ、
伝統の技法を忠実に守り、 天日干しに拘り
丹念に製造しております。








  〜 小豆島手延素麺沽物「蔵絹」 〜

上記「島の絹」を大切に蔵囲いし、
一年半以上寝かせて“ヒネ物”とした素麺です。
“ヒネ物”ならではのさっぱりとした風味、
茹でた後、少々時間をおいても延びにくいコシの強さ
御堪能下さい。










  〜 小豆島ノンオイル手延素麺「爽麺」 〜

普通の手延素麺は作業効率を上げる為、
工程途上で麺の表面に植物油を塗布しておりますが、
この素麺は油分を一切使用しておりません
素麺は元来保存食として長期に亘って保存される場合も
ありますが、2〜3年で油分の酸化・麺の変色・異臭を
放つ場合があります。
ノンオイル「爽麺」は上記の事態を防ぎ、
より長期の保存に適した、とてもヘルシー
食品に仕上がっております。







  〜 小豆島手延冷麦「島の匠」 〜

島の絹本舗の冷麦の特徴を当社の乾麺で比較しますと、
   うどん 長直径 : 約 2.5 mm
   冷麦  長直径 : 約 1.5 mm
   素麺  長直径 : 約 0.9 mm  と なっております。

素麺に比して麺が太い ⇒ コシが強く、モチモチとした食感。
饂飩に比して麺が細い ⇒ 麺つゆとのからみが良い。

↓調理例↓
・冷たいつゆで“冷やし冷麦"
・温かいつゆで“温麺"
・焼きそば・パスタのように“炒め冷麦"   etc